FC2ブログ
台北からヤンゴン ビジネスクラスであった。

VIPラウンジでビールとワインを飲み、機内で食前酒にジントニックを、その後、ワインをいただいて、ヤンゴンに降りるころにはすっかりできあがっていたのは昨日と同じ。まだ午前様である。

ビジネスクラスビジネスクラス


さて、ここで前回の記事中の 驚愕の事実 が何だったかを明かしたいと思う。

時系列は前後するが、帰りの台北~関空で おやっと思い、帰ってから調べたのだが、行きのあの寝られる、マッサージ付き、シャンパン飲み放題の席は なんとファーストクラスだった。

チャイナエアラインの、席を譲ってくれたことへの感謝の気持ちか、単にビジネスクラスが満員だったかはわからないが、とにかく私たちは紛れもなくファーストクラスに乗ったのである。(エコノミーの料金で…)

すごいぞ! これで 「この中でファーストクラスに乗ったことがある人~」 と言われても堂々と手を挙げられる身分になったのだ。



さて、ファーストクラスでやってきた私たちであるから、ホテルもそれなりのところに泊まらなければなるまい。ヤンゴンで高級ホテルといえばストランドかトレーダーズだろう。

私たちはトレーダーズの セントラルホテルで空室がないか聞いてみた。すると45$の部屋が2つ空いているという。ちょっと贅沢かと思ったが、なにせファーストクラスでやってきた (←しつこい) 私たちであるから今夜の宿はここに決定。

このホテル、地球の歩き方では中級となっているが、奈良でいえば (例えがローカルだが) ワシントンホテルぐらいの雰囲気で私たちにとっては十分高級である。そして何よりもボーヂョー・アウンサン・マーケットの前、ダウンタウンにも歩ける距離でリッチ(立地)が抜群である。

セントラルホテルセントラルホテル
左 トレーダーズ、右 セントラル


さて、早速 昼飯のために街に出た。適当によく客が入っているミャンマー料理の店に入ったら、英語が通じない上に客全員から大注目であった。(食べ終わるまでずっとガン見であった)

ただ基本的にミャンマー料理はカレーっぽいものが多く、できているものを指さすだけなので、注文には苦労しなかった・・・が、なんとビールがない!

もう一度言うが、ビールがない。 NO BEER NO LIFE. (ノ゚ο゚)ノ

私が残念そうにしていると、どこからともなく日本語のできる男性(ミャンマー人)がやってきて、一緒に買いに行ってあげようと言う。

そう言うのだから近くでビールを売っている店を知っているのかと思ったら、結構ずんずん歩いていって、その辺の人にビールを売っている店はどこか聞き始めた。

知らんのかい!

まあ しかし、何とか1500チャット(約150円)で大瓶のミャンマービールをゲットし、なかなか帰ってこないことを心配していた家族が待つ店に帰ってきた。ミャンマーの人は親切だと聞いていたが、まず一つ目のエピソードであった。


長くなりそうなので後編に続く。







Secret

TrackBackURL
→https://naranaradokoiku.blog.fc2.com/tb.php/99-6d49c44b